The magazine evoking your intellectual curiosity. 大人のための知的好奇心マガジン

編集長・佐藤真理子と行くBudapest Wagner Days 2019

小誌で特集を掲載した、アダム・フィッシャーを芸術監督として毎シーズン、ワーグナーをシリーズで公演する「Budapest Wagner Days」。ハンガリーのMüpa Budapestを会場に公演を行うこの音楽祭は、その優れた音響効果と独特な舞台で、バイロイト祝祭劇場に通うワーグナー愛好家も足を運ぶようになり、新たなワーグナーの聖地となりつつあります。ここでの『ニーベルングの指環』上演は《ブダペスト・リング》とも呼ばれています。
今回のVIPツアーでは、小誌編集長の佐藤真理子と行くハンガリーで観る、《ブダペスト・リング》。しかも、「ワーグナー詣で」と称されるバイロイト音楽祭と同じく、四部作《リング》全夜を上演します。ACT4メンバー限定のエクスクルーシヴな本場でのオペラ鑑賞企画にぜひご参加ください。

日程 6月19日(水)~24日(月)(チェックアウト)25日(火)日本着
滞在地 ハンガリー・ブダペスト
参加費用 現地手配の実費をいただきます。 
宿泊ホテル例 ソフィテル ブダペスト (Sofitel Budapest Chain Bridge) 1,800ユーロ(5泊分)、20~23日オペラ公演チケット代(1枚)20, 000円 諸経費 30,000円(お一人当たり)
*ホテルは変更となる可能性がございます。部屋のグレードによって変わる可能性がございます。
*移動は各自になります。
*フライトパッケージはございません。各自でお手配、または、お問い合わせ下さい。

公式サイト https://budapestwagnerdays.com

写真キャプション
音楽祭会場のMüpa Budapest(ムパ ブダペスト)
© János Posztós, Müpa Budapest